ネット広告に負けない!ポスティングで効果的な集客術とは?

query_builder 2023/06/07 ポスティング 飲食店 効果 広告 配布
現在、ビジネスを展開するうえで、インターネット広告は非常に重要な存在となっています。しかし、ネット広告に依存しすぎると、地道な集客や顧客層の確保に限界が生じることもあります。そこで、ポスティングを活用することで、新しい顧客層の開拓や既存顧客の定期的な情報提供を行うことができます。この記事では、ポスティングのメリット・デメリット、成功の秘訣、注意点や効果測定方法、そして実践的なテクニックを5つ紹介していきます。ポスティングを効果的に活用して、ビジネスの発展につなげましょう。

ポスティングとは?

ポスティングとは、チラシやフライヤーなどの販促物を集客対象のエリアやターゲットに直接投函するマーケティング手法です。

この手法では、直接的にターゲットに訴求することができるため、広告主はターゲットの生活スタイルや興味関心に適した販促物を作り上げることが重要となります。

ポスティングは、配布するエリアの選定や配布方法によって、広告主が訴求する対象層を狙うことができます。

例えば、家族向け商品を販売する場合には、家族層が多い地域に重点的にチラシを配布することで、より効果的な集客が可能となります。

また、ポスティングの特徴として、手渡しの場合よりも広範囲に訴求することができる点があり、ターゲット層にアプローチしやすいため、インターネット広告との併用も推奨されています。

しかし、ポスティングには誤配や不在時の配布漏れなど、課題も存在します。

そのため、効果的なポスティングの実施を行うためには、配布エリアの事前調査やポスティング業者の選定が重要となります。

ポスティングのメリットとデメリット

ポスティングのメリット

1. 見込み客にアプローチできる

ポスティングは、チラシやDMを直接お客様の手元に届けるため、それまで知らなかった人にもアプローチすることができます。また、近隣住民など、ターゲットに合わせて配布場所を選ぶことができます。

2. 目に留まりやすい

手元に届いたチラシやDMは、目につきやすいため、ネット広告と比べて視認率が高いといわれています。また、お客様が家にいるときや、何かを検索したわけではないときでも広告を見ることができるので、インターネット通信環境に依存しないところも魅力です。

3. 複数回のチャンスをもらえる

インターネット広告は、検索結果で表示される期間が限られていますが、ポスティングはルート配布や定期配布など、複数回配布することができます。お客様に何度も広告を目にしてもらうことができるため、覚えてもらえる確率が高くなります。

ポスティングのデメリット

1. コストが高い

チラシやDMの配布には、デザイン費用や印刷費用、配布費用がかかるため、デジタル広告と比べるとコストが高いといえます。また、配布先を間違えると、配布費用が無駄になってしまうことがあるので、ターゲットに合わせた配布場所を選ぶことが重要です。

2. 反応率が低い

ポスティングの反応率は、約1%程度といわれています。また、チラシやDMは、お客様が希望する情報に合わせて広告を選ぶことができないため、見ているだけで興味を持たないことも多いです。そのため、ターゲットに合った内容やデザインを考え、お客様の興味を引くようなアプローチをする必要があります。

3. 競合が多い

特に飲食店や美容室などの業種では、近隣に複数の類似店舗がある場合が多いため、同じ配布場所で配布すると他店と混同されることがあります。そのため、チラシやDMだけでなく、看板やお店の外観など、他店と差別化できるポイントを持つことが大切です。

ポスティングの成功の秘訣とは?

ポスティングの成功の秘訣とは、効果的な配布方法と的確なターゲティングです。

まず、効果的な配布方法としては、配布エリアの選定が重要です。配布エリアは、商品やサービスに関心を持ちそうな層の多い地域や、競合店が少ない地域を選ぶようにしましょう。また、配布ルートにもこだわりましょう。歩行者や車の通りが多い、スーパーや駅前、商店街などが効果が高いです。

次に、的確なターゲティングについてです。配布するチラシのデザインやコピーは、ターゲットに合わせて作成することが重要です。例えば、子育て中の主婦をターゲットにした場合、子供向けのイラストやキャッチフレーズを使うと効果的です。また、年配の方向けには文字が大きく、分かりやすいレイアウトを心掛けましょう。

さらに、最近ではクーポンを利用してポスティングを行うことも増えています。割引クーポンなどを配布することで、より多くの顧客を引きつけることができます。

以上のように、ポスティングの成功の秘訣は効果的な配布方法と的確なターゲティングにあります。ポスティングを行う際は、配布エリアやターゲットをしっかりと考え、計画的に実施するようにしましょう。

ポスティングの注意点と効果測定方法

ポスティングは、実際にチラシを手に取ってもらえるため、効果が期待できる集客手段です。しかし、ポスティングには注意点があります。

まず、ポスティングの配布範囲やタイミングを決める際には、目的やターゲットを考慮する必要があります。無駄な配布やタイミングの遅れは、効果を下げることにつながります。

また、ポスティング後の効果測定には、返信用の切手を添付したチラシを配布する方法があります。この方法で集めた切手の数や、電話やメールで集まった問い合わせの数などを比較することで、ポスティングの効果を評価することができます。

さらに、ポスティング後のフォローアップも非常に重要です。ポスティングで集めた顧客データを利用して、定期的なDMの配布や新商品の案内などを行い、顧客獲得につなげることができます。

ポスティングは、ネット広告と比較しても効果が期待できる集客手段の一つです。ぜひ、注意点を抑えた上で効果的な活用を心がけましょう。

今すぐ使えるポスティングの実践的テクニック5選

ポスティングは、実店舗やイベントなどの集客手段として非常に有効です。しかし、しっかりとした戦略がなければ、効果を引き出すことができません。今回は、ポスティングで効果的な集客を行うための実践的なテクニックを5つ紹介します。

1. ターゲットを明確にする

まずは、ターゲットを明確にすることが重要です。誰にアピールするかを明確にし、その人たちがどのような情報を求めているかを把握することで、効果的なチラシにすることができます。

2. デザインにこだわる

チラシのデザインは、集客に非常に重要です。目を引くカラフルなデザインや、見やすいフォントなど、周りから際立つような工夫をすることで、興味を持ってもらえることがあります。

3. キャッチコピーを工夫する

集客に欠かせないのがキャッチコピーです。的確な言葉を用いて、見る人が心に響くようなキャッチコピーを作ることが大切です。

4. 配布場所を工夫する

ポスティングの効果を引き出すためには、配布場所を工夫する必要があります。通行量が多い場所や、ターゲット層が集まるような場所など、設置場所を緻密に考えることが大切です。

5. キャンペーンを実施する

最後に、キャンペーンを実施しましょう。割引クーポンやプレゼント応募券など、見てもらうだけでなく、実際にアクションを起こさせるキャンペーンは効果的です。また、SNSなどを利用して、集客に繋がるような投稿もしてみましょう。

ポスティングは、ターゲット層にアプローチできる手段として非常に有効です。ただし、ただ適当に配布するだけでは効果が出ません。この記事で紹介したテクニックを利用して、集客につなげましょう。

----------------------------------------------------------------------

株式会社Kinection

住所:神奈川県相模原市中央区陽光台4-16-32-2

----------------------------------------------------------------------